2008年04月05日

ネタ出し

飯綱落としの術の前に二段ジャンプをしなかった場合は
バウンド後のホーミングから二段ジャンプができた。
これを使って起き攻めが色々発展できそう。
とりあえず適当に対戦とCPU戦で開発。


2A→2B→5C→A滝登り→トリススフェラ→JA→JB→JC→飯綱落としの術

アルカナ2はゲージの増え方が激しいので
できるだけホーミングを使わないでゲージを使っていきたい。
ループ性も激しくなってHGが足りないこととかよくあるし。
あと2Cよりも5Cの方がAFされた場合に状況が良いから
距離の判断ができるなら5Cにしたいとこ。

んで、ここからバウンド時に7H→空中ダッシュ→バックジャンプ→JEで気持ち悪い表裏ができた。
表裏の調整は空中ダッシュの長さで決まるけど
愛の場合は戻ってくる瞬間に浮遊することで
更に気持ち悪い表裏にできる。

ついでに樹も。

2A→2B→5C→C滝登り→花満開→A→6B→JA→JB→JC→飯綱落としの術
こっから同じやり方で種を蒔いた状態で起き攻めできる。
うまくやれば種のタイミングに6Cを合わせられるかも。
posted by |Å`)ハフン at 00:41| 群馬 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | アルカナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セゾンの大会、ノリで出るなら組みませんか?組んでないのなら。
今日は気持ち悪い裏表に泣かされましたよ。
Posted by LEN at 2008年04月06日 03:27
>>LENさん
千葉・東京・群馬のフリーダムなチームが
ノリで結成されてます><
サーセンwww
Posted by ハフン at 2008年04月07日 10:13
わかりました。
ザキヤマさんでも捕まえておきます。
Posted by LEN at 2008年04月07日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。